K2工房
世羅郡世羅町 新築・リフォーム
新築工事はもちろんのこと、リフォームは家の状態から
調査・判断し、 快適に過ごせる家づくりをご提案します。
トップページへ
■納屋の有効活用
田舎には、母屋、蔵、納屋の三点セットの建物が未だに現存しています。しかし、農作業の機械化からこれらの建物があまり有効利用されていません。
今回ご紹介する物件のお施主様は、息子夫婦が帰ってくるので“納屋を若者夫婦の住まいに出来まいか”というご相談でした。
この納屋は、長石の上に土台を敷きその上に柱が建っています。昔は、牛も飼っていたそうです。建物の状態としては、土台や柱脚の腐食も進んでいました。そのため耐震面も不安です。
■建物をそのまま持ち上げます
5間×6間(1間=1.8m)、延べ54坪、重量約10t、2階の備品はそのままです。建物の柱脚を金物で固定し、12個の油圧ジャッキをセットして、集中コントロール装置でミリ単位での12箇所同時ジャッキUP工法です。
建物を70cm揚げた状態で、井桁に組んだ枕木で荷重を受け油圧ジャッキを撤去します。
■納屋の有効活用
その後、耐震性のあるコンクリート基礎を打設します。
コンクリートの強度が充分出てから墨だしを行い、次の工程です。
建物が揚がっている状態で、柱脚に新規土台を取り付けます。アンカーボルトに注意しながら、12個の油圧ジャッキを同時にコントロール操作しながら、基礎の正規な位置に着座させます。
 建物の構造チェックを行い、柱、梁、筋違等で有効に補強し、耐震性を増して、ジャッキUP工法が完了しました。
眠っている古民家・納屋を再生しませんか!?施工力には自信があります。
K2工房/広島県世羅郡世羅町賀茂993 TEL:0847-27-0651
一般建築業:広島県知事(般-20)32213号 
一級建築士事務所:広島県知事登録08(1)4502号
お問い合わせ
0864-27-0651